【レビュー】探索と謎解きが楽しい紳士なゲームプリズンプリンセス【評価、感想】

探索と謎解きが楽しい紳士が嗜むゲームプリズンプリンセスをプレイしたので感想を書き綴りたい。

 

 

プリズンプリンセス

f:id:ryo-ossan:20200201211231p:image

対応機種:Nintendo Switch™(ダウンロード専売)
配信日:2020年1月30日発売
ジャンル:お姫様脱出ADV
価格:1,980円(税込)
対応人数:1人
対応言語:日本語、英語、繁体字簡体字
対応音声:日本語
CERO:D(17歳以上対象)

 

ストーリー

メイガルド大陸―― 『アリア・ララ』と『ザンジ・ツァード』の 二大国の治世により平和と繁栄が長く続いていた しかし幸せな時は今、終わりを迎えようとしている 封印から解き放たれた魔王によって、大陸は火の海と化していた 次々と町が侵略されていく中で、 いにしえの勇者の血を継ぐ者が立ち上がったが、 勇者は旅の途中で不運に見舞われ、 命を落としてしまう 二大国の王都に忍び込んだ魔王の手先により お姫様達もさらわれて、希望は失われていく…… と、思いきや、勇者は完全に死んではいなく 魂だけとなり2人のお姫様の元に向かうのであった――

魂だけとなった勇者は、 さらわれた2人のお姫様を救いだすことができるのか!?

※公式サイト引用

 

筆者自身情けない事にノーチェックだった今作なのだがバレットガールズオメガラビリンスを手掛けた臼田裕次郎氏がプロデューサーと聞いてこれはやるしか無いと思った次第だ。

探索と謎解きが面白い、紳士が嗜む硬派なADVゲーム


f:id:ryo-ossan:20200202002042j:image

f:id:ryo-ossan:20200202002044j:image

 

脱出ADVゲームだけあって探索そして謎解きが深いゲームだ。

キーアイテムを探し謎解きをする。といった王道な探索と謎解きが十分に楽しめる。


f:id:ryo-ossan:20200202002710j:image

f:id:ryo-ossan:20200202002712j:image

中には時間制限付きの謎解きもあり、思わず違うところをタッチしてしまうという不可抗力も働くので謎解きの難易度はかなり高いといえる。筆者も何回も自らやり直してしまった。

 

エリアやストーリーはなどボリュームは少ないが、謎解きや探索を考えると丁度良いボリュームとも筆者は感じた。価格も1980円と安価なのも納得だ。

筆者も手を滑らせて購入してしまった1人だが、公式も言っているように手を滑らせて購入してしまう人が多いらしいので是非とも手を滑らせないように気をつけてもらいたい。

 

エンディング分岐や演出も楽しめクリア後も楽しめる


f:id:ryo-ossan:20200202003123j:image

f:id:ryo-ossan:20200202003126j:image

1度クリアするとEXTRAが解放され1度見たギャラリーが好きなだけ楽しめるようになる。

本編で時間制限があった謎解きプレイも時間関係なく好きなだけ楽しめる神仕様だ。


f:id:ryo-ossan:20200202003321j:image

f:id:ryo-ossan:20200202003324j:image

エンディングも分岐があり5種類存在し、1980円でここまでのやり込み要素とはかなり満足であるといえる。

 

ムフフは致し方ない、不可抗力であり純粋硬派なお姫様脱出ADVだった


f:id:ryo-ossan:20200202003737j:image

f:id:ryo-ossan:20200202003739j:image

手を滑らせ購入してしまったが、ムフフは致し方ない硬派なお姫様脱出ADVだったといえる。

とにかくスクショを撮る手が止まらないゲームだ。そしてNintendo Switch liteとの相性も抜群で謎解きをしているはずなのに違うところをついついタッチしてしまうという謎の力のせいで謎解きを何度もリトライしてしまった。

とにかく1980円という価格なら間違いなく手を滑らせて購入してもよいゲームだと断言したい。

 

www.youtube.com