【欅坂46】『欅坂46 LIVE at 東京ドーム ~ARENA TOUR 2019 FINAL~』評価、感想、レビュー

欅坂46 LIVE at 東京ドーム ~ARENA TOUR 2019 FINAL~』を視聴したので取り急ぎの評価、感想です。

 

   

欅坂46 LIVE at 東京ドーム ~ARENA TOUR 2019 FINAL~感想、レビュー

f:id:ryo-ossan:20200128124003j:image

欅坂46 夏の全国アリーナツアー2019」の追加公演として行われ、欅坂グループ初となった東京ドーム公演(2019年9月18・19日に開催)の円盤化です。

てちの愛称で人気の平手友梨奈さんが復活を果たしたのも東京ドーム公演ですし、2期生が初めて収録されることもあり、欅坂の東京ドーム公演初のDVD&Blu-rayファンなら要チェックです。

 

 

www.ryoossan.com

 

www.youtube.com

セットリスト

【DISC1】
・オープニング
・Overture
・ガラスを割れ!
・Dance Track
・語るなら未来を…
・Dance Track
・Student Dance
・Dance Track
・エキセントリック
・世界には愛しかない
・⻘空が違う
・バレエと少年
・制服と太陽
・⼆⼈セゾン
・キミガイナイ
・もう森へ帰ろうか?
僕たちの戦争
・結局、じゃあねしか⾔えない
サイレントマジョリティ
・避雷針
アンビバレント
・⾵に吹かれても
・危なっかしい計画
・太陽は⾒上げる⼈を選ばない
・不協和⾳
・⾓を曲がる 

 

【DISC2】 ※初回生産限定盤のみ
・Making of LIVE at 東京ドーム
・プレイバックトーク 
(尾関梨香・小池美波・菅井友香土生瑞穂、武元唯衣・田村保乃・松田里奈・森田ひかる)

 

欅坂46初の東京ドームにして欅坂46として最後の東京ドームライブと言えるであろうと感じた作品

f:id:ryo-ossan:20200128124759j:image

みんな知っているようにてちこと平手友梨奈欅坂46の脱退を発表しました。

 

なので今回のドームライブがおそらく平手友梨奈最初で最後のドームライブと思われます。

こんな事を言うと怒るファンの方々もいると思いますが、結局ドームライブを見て思った感想は

てちやばい

です。

平手友梨奈脱退のニュースと関連して余計にそう思うかもですが、やっぱり欅坂46平手友梨奈です。

f:id:ryo-ossan:20200128210456j:image

最初から最後まで平手友梨奈で始まり平手友梨奈で終わります。

 

筆者もいち欅坂46のファンですし、勿論メンバー1人1人大好きですが、欅坂46と考えればやはり平手友梨奈が居なければそれは欅坂46ではないです。

だからと言ってファンを辞めるわけではありませんし応援は続けますが、この欅坂46ではない欅坂46を応援します。

そして最後にこの最高はドームライブを円盤化してくれて本当に最高ですね。

   

めちゃくちゃかわいい2期生

f:id:ryo-ossan:20200128212139j:image

欅坂に2期生が加入してから2期生が選抜入りしている曲はありませんが、今回のライブには2期生として本格的に参加しています。

お見立て会や握手会と参加した筆者ですが、改めて2期生をこうして見るとめちゃくちゃかわいいですね。

今後の平手友梨奈がいなくなった新生欅坂を引っ張っていく事になりそうな感じがします。

1期生は勿論安定感のあるパフォーマンスで観客を圧巻しますが、2期生の初々しさは見ていてドキドキしますね。その2つが混じり合って最高のライブになっている印象を受けました。

   

初期の頃の楽曲が最高にエモい


f:id:ryo-ossan:20200128213101j:image

f:id:ryo-ossan:20200128213105j:image

勿論全曲好きですが、個人的には初期のシングル楽曲はかなり好きです。

真っ白な衣装が印象的な世界には愛しかない青空が違うが最高にエモかったです。

欲を言うとやはり初期メンバーでこの楽曲をドームでが最高ですが……

バレエと少年も2期生を交えて156の最高のパフォーマンスでした。

そして代表的な欅坂の衣装といった感じの衣装で披露した制服と太陽まだライブ中盤なのにこんなの号泣ですよ…

   

欅共和国とは違った完成形のドームライブ


f:id:ryo-ossan:20200128220047j:image

f:id:ryo-ossan:20200128220051j:image

欅坂46のライブ映像作品としては3作目となる今作

欅共和国2017、2018と続いて今作LIVE at 東京ドーム ~ARENA TOUR 2019 FINALなのですが、欅共和国とはまた違ったライブとしての形態を感じました。

欅共和国は屋外ライブで今作はドームなので勿論それだけで全然違うわけですが、やっぱりメンバーの東京ドームで最終日という事もあって気迫というものも違うのでしょうか、すごく欅坂のライブ映像として完成形を感じました。

なによりも筆者が平手友梨奈脱退を受けてからの視聴なので余計なのかも知れませんが…

 

ラストにかけての怒涛のライブパフォーマンス


f:id:ryo-ossan:20200128220729j:image

f:id:ryo-ossan:20200128220733j:image

終盤のMC後のパフォーマンスが凄まじいです。

サイレントマジョリティ
・避雷針
アンビバレント
・⾵に吹かれても
・危なっかしい計画
・太陽は⾒上げる⼈を選ばない
・不協和⾳
・⾓を曲がる 

これだけでやばいでしょ??

何よりもアンコール後の不協和音

完全復活させた不協和音は鳥肌ものでした。

そして最後の平手友梨奈ソロ曲角を曲がる

平手友梨奈主演の映画「響」の主題歌として話題を集めた楽曲です。

最終的に平手友梨奈で始まり平手友梨奈で終わるライブでした。

 

これからの欅坂46も応援しようと力強く思わせてくれたライブ映像作品

f:id:ryo-ossan:20200128230332j:image

平手友梨奈脱退だけではなく他メンバーの卒業、活動休止。発売を全くしない9thシングル…

そんな欅坂46ですがこのライブを見て、やはり欅坂46の魅力を再確認にし、今後も応援して行こうと力強く思わせてくれました。

ただ平手友梨奈は脱退するので今の欅坂46ではありませんが…

今後も欅坂46を応援していきましょう。最後までありがとうございました。

※個人的感想ですのでご理解願います。